2007-06-07

Twitter ハジメマシタ

激しく今さらな感じもしますが、Twitter を始めました。

といっても、まだサービスの特徴を探ったり試したりしてる段階で、全然 環境も整えてないので、しばらくの間はレスポンスが悪いと思います。(^ ^;)

それにしても、乗り遅れたツケといわんばかりに、Web で検索をかけると、おびただしい数の Twitter 関係のエントリーやツールがあって、ちょっと混乱状態...。こればかりは、もうやれやれって気分です。(lomo さんトコとか、基本的なところはザッと目を通したんですけど、選択肢が増え過ぎちゃって..。)

そんなわけで、もし(Intel)Mac な環境ならコレは必須じゃない?というツールを教えていただける奇特な方がいましたら、ゼヒ、コメントもしくはトラバをいただけるとウレシイです。ちなみに OS は Tiger、デフォルトブラウザは Firefox(Tweetbar は導入済み)、メーラーは Thunderbird、IM は特に使ってませんけど、ものすごくイイのがあれば導入を真剣に検討します。あと、携帯は au + EzWeb もしくは Mobile Opera 7.60 です。

ひと区切りついたら、僕も手を広げにいくと思いますので、見かけたらどうぞよしなに。

Fell free to add me!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

境祐司さんと対談

昨日の午後、新宿で Monkeyish Studio の境祐司さんと対談してきました。(境さん、お疲れさまでした+ありがとうございました。)

テーマは「知識共有」ですが、話題を派生するにまかせた雑談形式をとってます。早くももう、境さんの PodCast: 日刊徒然音声雑記にアップされているようなので、興味のある方はゼヒどうぞ。

境さんから色々なネタ振りがあったり、興味深い事例をうかがうことができて、インスピレーションを刺激されまくりで、僕自身、とっても有意義な午後になりました。刺激されすぎて、今日以降アップされる予定の後半部分は、ちょっと頭の中が混沌としてました。(あらためて、自分の頭のキャパシティの少なさを実感。(- -;ゞ)自分でも何を話したか覚えてなかったりするので、変なことを口走ってたらご容赦。(^v^;;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-05-09

Re: ドメイン名の由来を書いてみる

なんだか、めっきり疲れやすくなっちゃった感のある今日この頃。(- -;;)

ちょっと遅くなってしまいましたけど、上之郷谷さんの企画に、乗っかってみました。

サイト名の由来

実はこのブログは、匿名で好き勝手なことを書きつづって、逃避がてら仕事のストレスを発散させるのが元々の目的だったんです。こことは別に、実名で運営している自分のサイトも持っていたんですけど、ちょっと更新すると「おっ、なんかアイツ、まだ余裕がありそうだね」って感じで、狙ったように雑用依頼(ほとんどは無償)が降りてくる状態だったので(なんか色んな人に監視されているような感覚)、そちらは次第に更新が滞っていくようになりました。そんな事情で始めたブログだから、名前なんて、それほど真剣に考えてませんでした。

「我的春秋」。「我的」は現代中国語の「私の」。「春秋」は、「歴史書」とか「年齢」とか「一年」とか、とにかく時間との結びつきの強い言葉です。ただ、現代中国語というよりもクロニクル(年代記)という古漢語的な意味合いの方をここでは意識しています。要するに、「私のブログ」をほんの少しひねっただけの、いい加減な命名なんです。

始めた当初は、まさか今のようになるなんて想像もしていなかったから、ブログも「適当にどこかフリーのブログサービスでいいや!」ってノリで、勢いで決めちゃってましたし、話題も初期の頃は、飲食店や、スポーツ、音楽に、時折 時事を挟むといったような感じで、今とは随分 毛色が違ってました。(^ ^;)

ドメイン名の由来

「我的春秋」をそのまま現代中国語のピンイン表記(wo de chunqiu)にしてしまうと、わかりにくいかなと思って、「我的」だけを "my" にしたものです。今から考えてみれば、まだしも "my-chronicle" のようにしておいけば良かった...なんて、よく後悔してます。名前って、一度 定着しちゃうと、変えづらいですよね。ま、「名 正しからざれば、則(すなわ)ち言 順(したが)わず。言 順わざれば、則ち事 成らず」ともいいますし、いずれ、ちゃんと内容に則した名前とドメイン名をつけなおすつもりです。

続きを読む "Re: ドメイン名の由来を書いてみる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-04-27

「一歩先のWeb標準」連載開始

デジタルスケープさんの WithD にて今月から連載を持たせていただくことになりました。(ネタもそうですが、文章が堅くて、編集の方にご迷惑をお掛けしたと思いますが。(- -;;ゞ )

奇しくも「勘違い甚だしいstrict HTMLの解説」(sky line blog)なんてエントリーが出た直後で、なんだかタイムリーになってしまいましたけど(文章の核になる部分は 1か月以上前から用意してたものなので、単なる偶然なんですが)、書かれている内容は、このブログ内の過去のエントリーとも関連してます。

要するに僕の場合、must ではなく、may の話が多いので、「しなければならない」みたいな文脈で受け取らないでくださいねって、ことわり書きみたいなもんです。たとえば僕の (X)HTML の話なんて、マークアップがライトウェイトかヘビーウェイトかの違いでしかないわけで、別に body 内が h1〜h6 と p だけで構成されてたって、全く問題ないんですよね。

ついでにいえば、HTML か XHTML かだって同様。あくまで僕個人は、そんなに大した問題じゃないと思ってます。だって、再利用したり再構築したりするとしても、おそらくそれを行うのは検索サービスだったり、ソーシャルメディアだったり、CMS だったりで文書作成者以外の第三者のことが大半なわけですし、いうなれば自由意志でつける、見えない付加価値みたいなもんです。(なんだか料理の隠し味みたいですけど。)

それでも、あえて付加価値をつけたり、未来の Web が少しでも便利なるように、"自分自身ができること" を模索してみたい...という方に向けた連載です。(このブログも基本的には同じ路線ですが。)たとえ万人向けの内容でなくとも、ごく少数の方でもお気に召していただけることがあれば、それだけでとってもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-01-21

プロとして気に留めておきたい 8ヶ条

プロとして仕事を遂行していくための心構えとか、指針とか、そういったようなものの備忘録です。なんとなく、考えていたことの断片を整理して書き留めてます。たぶん、個別的には、随所でよく見かけるスローガンばかりだと思いますが、要するにマイチョイス(というか、完全に自分用)です。ここに書き留めたような境地にいたるのには、まだまだ修行が全然足りませんけど..。(- -;;)

  1. 目的を明確にする
  2. 目的の優先順位を明確にする
  3. 目的を達成する手段はひとつではない
  4. 複数ある手段の中から、最適な手段を採れるのがプロ
  5. なぜその手段が最適なのかを説明できるのがプロ
  6. 問題解決力よりも問題発見力
  7. 問題を切り分ける(問題点のモジュール化)
  8. 依存関係を把握する

続きを読む "プロとして気に留めておきたい 8ヶ条"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-12-23

MT + RightFields でエントリーごとに任意のスタイル・スクリプトを関連づけ可能に

覚え書き・レビュー・実験型ブログの悩みの種

また、裏でちまちま準備している新しいブログからのネタです。

このブログのように、時々、実験やデモをするタイプのブログにつきものの悩みといえば、エントリー単位で一時的に CSS や JS ファイルを追加したい!というもの。要するにヘッダー(<head>〜</head>)の中身をイジりたくなるわけですね。ま、このココログフリーだと、ヘッダーの編集なんて全く縁のない話ですけど、思い当たる節のある方は、きっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

RightFields Plugin for MovableType

そこで準備中の新しいブログの方に、実験的に RightFields という MovableType プラグインを入れてみました。

入手先

続きを読む "MT + RightFields でエントリーごとに任意のスタイル・スクリプトを関連づけ可能に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-12-15

MusicXML で楽曲セマンティクスをデータ化

MusicXML: 譜面を XML モデルでデータ化する規格

昨日のエントリー(我的春秋: 新モーツァルト全集PDF公開)で興味深いコメントをいただいたので、片手間にほんの少しだけ、掘り下げてみました。

音楽の五線譜や音符を表す規格としてはXML形式のMusicXMLというものがあるそうです。

A.Kawashima さんコメント我的春秋: 新モーツァルト全集PDF公開

やはり、音楽にも XML 規格があったんですね!(ちなみに、ことさら XML に拘ったのは、月並みですが、規格としてすでに普及していることと、データの汎用性と再利用性の点からです。「枯れてる規格」ともいえますけど、「枯れてる」と言われるだけ普及しているとも取れますし。)

続きを読む "MusicXML で楽曲セマンティクスをデータ化"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-12-14

CMS の見出しレベルに悩む

(追記: タイトルをより内容に合うように変更しました。本文も若干修正しましたが、内容に関わる変更はありません。)

見出し要素の現在と未来 最近、CSS よりも、関心が XHTML に傾きがちな管理人です。(^ ^;) 今日は、目下、裏でせっせと制作中の MovableType サイトのコーディングからのネタです。

このココログもそうですけど、ブログツールを含む何らかの CMS を使っていると、「幾つめの見出しレベルからスタートしたらいいんだ?」、「別のサービスから引っ越したら、見出しレベルが1つズレちゃった」、「文書構造をカスタマイズしたので、これまでの見出し要素のレベルを調整しないといけないよな..」。そんなことで困った経験とか、過去にありませんか?

続きを読む "CMS の見出しレベルに悩む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-12-09

気になる WordPress プラグインのリスト(の残骸..)

lomo さんとのコメントでのやりとりをキッカケに、WordPress のプラグインを自分なりに調べていたんですが、折角リストアップした面白そうなプラグインの一覧が、どこでファイルの中身を壊してしまったのか、文字化けの嵐になってしまったので、備忘録も兼ねて、残骸をこちらにアップしておくことにしました。むぅ..。

いい加減、世界中のデフォルトエンコーディングが、UTF-8 で定着して欲しいと思う今日この頃です。

  1. Popularity Contest
    人気記事ランキング。閲覧者が興味を持ちそうなエントリーへの導線として。
  2. WP-AddQuicktag
    必須!投稿画面に任意の XHTMLタグの挿入ボタンを追加できるようになります。これで、abbr や dfn の入力も少しは楽になります。
  3. ImageManager
    画像の管理・編集までできるスグレモノ。
  4. wp-eznavi
    au の EZナビウォークを使ってる人間には見逃せませんね。(^ ^;)
  5. DeCoder
    &, <, >, space などを実態参照形式に変換してくれる。
  6. Structured Blogging
    目下、流行りつつある microformats 対応のプラグイン。
  7. SBM Popular Entry
    del.icio.us や、はてなブックマークの被ブックマーク数を表示。
  8. Lexicon Wordpress Plugin
    自動キーワードリンク。
  9. WP-Amazon Plugin
  10. WordPress Related Entries
    関連エントリー抽出プラグイン。
  11. SEO Title Tag 1.0
    "SEO"目的ってのはともかく、サイト名も含めてタイトルを自由な体裁に変更できるのはうれしいかも。
  12. SIMILE Timeline
    Ajax 年表 UI を実現する Timeline を WordPress に。
  13. 略語をあれこれするプラグイン
    事前に登録した略語を自動的に abbr で括ってくれるプラグイン。略語リストのインポート|エクスポートにも対応。(Thanks to lomoさん、insomniaqueさん、Angeさん!)

続きを読む "気になる WordPress プラグインのリスト(の残骸..)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-29

S i M P L E * S i M P L E 炎上後のすばらしい対応

先日、マズい CSS Tips を紹介してしまって荒れた百式でお馴染みの田口元さんの S i M P L E * S i M P L E のお話。といっても、批判ではなく、むしろ危機管理の好例としてのお話です。実際、最初にエントリーを見たときには、僕も目を疑ったのですが、荒れた後の対応のすばらしさに、いたく感銘を受けました。いっそ、diff (差分を取るための Unix コマンド)でも取っておきたかったくらい。(^ ^;)

続きを読む "S i M P L E * S i M P L E 炎上後のすばらしい対応"

| | コメント (1) | トラックバック (1)