2005-08-06

動作確認環境 ― IE5.5以前のバージョン

Internet Explorer アイコン商用もしくはオフィシャルな Web サイトを制作した経験のある人なら、作成した Web ページの表示や動作をさまざまな環境下で確認されたことでしょう。全部挙げればキリがありませんが、僕がチェックするのは大体以下の環境下です。といっても、この全てを毎回確認する訳ではありません。以下のすべての環境に完璧に対応するのはちょっとムリなので、その時々の状況やターゲットユーザーによって動作確認する環境は変えます。

  1. Windows + Internet Explorer
  2. Windows + Mozilla Firefox or Mozilla(現 SeaMonky)or Netscape
  3. Windows + Opera
  4. Windows + Lynx
  5. Mac OS X + Safari
  6. Mac OS X + Firefox or Mozilla(現 SeaMonky)or Netscape
  7. Mac OS X + Internet Explorer
  8. Mac OS X + Opera
  9. Mac OS X + W3M
  10. Linux + Firefox or Mozilla(現 SeaMonky)or Netscape
  11. Linux(KDE)+ Konqueror
  12. Linux + W3M
  13. 携帯電話の非フルブラウザ

実はこれでも Camino だの Homepage Reader だの幾つかのブラウザが抜けてたりするので、必ずしも充分という訳ではありません(特に Homepage Reader のような音声ブラウザは視覚障害者をターゲットに含める場合は確認必須要件ですし)。

また、お気づきかもしれませんが、上記のリストはバージョンの違いがまったく反映されてません。たとえば Internet Explorer(以下、IE)の 3・4・5・5.5・6 はそれぞれがほとんど別物といって良いほど実装されている機能も見た目の表示も変わってきます。これらも必要に応じて個別にチェックする必要があります。

ところがここで一つ問題。IE は過去のバージョンの公開がすでに打ち切られてしまっているので、そもそも今となってはそれらの旧バージョンを入手できない上、仮に運良く昔の雑誌の附録 CD-ROM などから入手できたとしても IE って OS(Windows)に深々と干渉しているので、複数のバージョンを同時にインストールできないという根本的な問題があります。こうなると、動作確認したい IE のバージョンの数だけ端末と OS を用意しなくてはならなくなります。企業ならいざ知らず、個人でそんなことはさすがにできません。っていうか、そんなお金ありませんし、あったとしても想像しただけで部屋の温度が5・6℃上がりそう..。(- -;;)

でも大丈夫。Multiple Explorers という、とっても素敵なサイトを見つけました。

続きを読む "動作確認環境 ― IE5.5以前のバージョン"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005-07-23

Longhorn の正式名称が Windows Vista に決定

Windows Vista2006年中にリリース予定の次期 Windows(コードネーム:Lonhorn)の名称が Windows Vista に決まったようです。"Vista" ですか..イタリア語で意味は景観とかかな。たとえば高台のような視界の開けた絶景地を vista point とか vista spot とか言ったりしますね、英語と組み合わせた造語ですけど。開発中のデスクトップ検索や、IE を OS レベルで組み込んでしまうこととも関連しているんでしょうか?

馴染みのある名称や分かりやすい名称というのは、商品のイメージやコンセプトを伝えるのに非常に重要な要素ですけど、Microsoft の場合、商標権侵害とかで簡単に法廷闘争に持ち込んでしまうので、逆に一般的な名称はつけて欲しくないような気もちょっとだけします。トヨタ自動車とかどうするんでしょうね?VISTA の商標権で MS に仕掛けるのか、静観するのか、果てまた逆に食われてしまうのか? (^o^;)

続きを読む "Longhorn の正式名称が Windows Vista に決定"

| | コメント (0) | トラックバック (4)