« 新モーツァルト全集PDF公開 | トップページ | 制作現場の声が届かぬ IE@Microsoft »

2006-12-15

MusicXML で楽曲セマンティクスをデータ化

MusicXML: 譜面を XML モデルでデータ化する規格

昨日のエントリー(我的春秋: 新モーツァルト全集PDF公開)で興味深いコメントをいただいたので、片手間にほんの少しだけ、掘り下げてみました。

音楽の五線譜や音符を表す規格としてはXML形式のMusicXMLというものがあるそうです。

A.Kawashima さんコメント我的春秋: 新モーツァルト全集PDF公開

やはり、音楽にも XML 規格があったんですね!(ちなみに、ことさら XML に拘ったのは、月並みですが、規格としてすでに普及していることと、データの汎用性と再利用性の点からです。「枯れてる規格」ともいえますけど、「枯れてる」と言われるだけ普及しているとも取れますし。)

MusicXML に挑戦

で、折角なので、ちょっとだけ、僕も自分で挑戦してみました。...といっても、なかなか思ったよりも重装備な規格で、スキーマ(DTD)+ 自動補完を駆使しても、さすがにエディタで手打ちはムリ。試用できそうなオーサリングツールを選んで使ってみました。

関連リソース

というわけで、まずは調査。

  • MusicXML Definition - Version 1.1
    MusicXML (2006-12-14 時点での最新バージョンは 1.1)のドキュメント類や DTD、サンプルなどが置いてあります。
  • MusicXML Software(Recordare)
    MusicXML を読み・書き・編集・変換できるツールの一覧と詳しい説明があります。
  • PC で楽譜を作成するそのほかの方法(LilyPond 入門)
    色々なツールや規格がまとめてあります。個人的に興味深かったのは、MusiXTeX という、TeX で譜面の組版をする規格があるという点。(ちなみに TeX は、"テフ" とか "テック" とか "テッヒ" とか呼ばれている、テキストベースの組版規格です。)

Notation Composer

で、選んだのは、 Notation Composer という Windows アプリケーション。ちょうど Version 2.0 の beta が試用できるとのことで、早速、インストールしてみました。

かなり多機能そうで、1〜2時間、遊んだくらいでは中身を把握しきれそうになかったので、レビューは断念して、midi のインポート → MusicXML 形式でのエクスポート + 譜面のPDF化だけやってみることに。..というか、譜面を今から打ち込むとなると、これまたエラい時間を取られてしまうので、こちらも、もう何年も前に作った、稚拙 極まる(しかも最初の 1分半で止まってるし..)midi ファイルを取り込むことにしました。(取り込んだときに、トリル部分がちょっとおかしくなってしまったみたいですけど、2代前のノートに入れてた、チープな midi 制作ツールで作成したものなので、ま、こんなもんかなと..。)

Notation Composer

任意の midi を取り込んだら、[File] - [Save as..] で保存ダイアログが出てきます。ここでファイル形式から MusicXML File (.xml) を選択してエクスポート。以上です。簡単、簡単。ちなみに、オーサリングソフトにも依りますが、任意の MusicXML ファイルを、逆に midi や mp3 などの音声ファイルの形に出力することも可能なようです。(残念ながら、Notation Composer は MusicXML の読み込みの方がダメっぽいです。)

Notationcomposer2_1

これで、別のオーサリングソフトとの間でも、同じ譜面を共有できるようになる訳ですね。midi を取り込んだ時点で、譜面が Notation Composer の方に出力されますので、これを [File] - [Print] から PDF 出力(要 Acrobat などの PDF 出力ツール)することもできますが、MusiXTeX への変換スクリプトとかあったりするんでしょうか?

戦果

かくして、MusicXML という規格を軸にして、構造、見栄え、振る舞いの行き来ができるようになったということでしょうか。まだまだ不充分な点が少し多そうですが..。(^ ^;)

A.Kawashima さん、情報、ありがとうございました。とっても勉強になったばかりか、勝手に盛り上がって、楽しませていただきました。(^ ^;ゞ

  • 譜面のセマンティックデータ(構造): mozart-k449.xml
  • 印刷可能な譜面の組版データ(見栄え): mozart-k449.pdf
  • 実演可能な音声データ(振る舞い): (再生は以下から。)
from W. A. Mozart: Piano Concerto No.14 in E flat Major, K449

第1楽章の 1'30 ほどだけです。(- -;;) (Safari は未対応。)(遅くなりました。まだイマイチ表示がおかしいですが、ともかく Safari でも再生できるように調整しました。m(_ _;)m マルチメディアの再生も勉強しないとなぁ。)

再生
停止

|

« 新モーツァルト全集PDF公開 | トップページ | 制作現場の声が届かぬ IE@Microsoft »

[Web]その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/4560610

この記事へのトラックバック一覧です: MusicXML で楽曲セマンティクスをデータ化:

» MP3変換 基礎知識・謎や噂 [魔法の壷]
WAVE/WMAファイルに変換する…MP3、VQF、AAC、WMA、Ogg Vorbisなどへの直接変換が [続きを読む]

受信: 2006-12-18 20:46

« 新モーツァルト全集PDF公開 | トップページ | 制作現場の声が届かぬ IE@Microsoft »