« Web クリエイターにオススメの読み物2点 | トップページ | いじめ問題は直近の大人の対応こそ重要 »

2006-11-10

Web 標準志向 XHTML / CSS リファレンスのための5つの改善要素

今日は、ちょっと逃避で、大分前の書きかけ(未公開)エントリーを引っ張り出してきてみました。ちょっとここ数日、落ち着かなくて..。

最近、つくづくよく思うのは、"Web 標準コーダーのための XHTML / CSS リファレンス" みたいな感じの、携帯に便利でコンパクトなリファレンスブックが欲しいなということです。今でもたくさんの HTML / CSS リファレンスは出版されているわけですが、イマイチしっくり来るモノがないというのが実感です。ぶっちゃけ、既製品には、ユーザビリティ的に色々と顔をしかめたくなる点が多くて..。従来品との相違点でいえば、大体、次の5つのポイントに集約できるかと思います。

  1. 非推奨要素・属性・属性値は排除したい
  2. 読み方、原語を明記してほしい
  3. 規格と実装は区別して!
  4. 非対応ブラウザ側を表示する
  5. 非対応ブラウザ対策の提示

非推奨要素・属性・属性値の排除

XHTML リファレンス部分は、<b>, <font> といった見栄え指定要素など、W3C の非推奨要素・属性・属性値を一切 排除します。理想をいえば、非推奨部分も含めて全てカバーすべきなんだろうけど、そんなリファレンスは世の中にごまんと出回っているし、だいいち、これからの Web 標準コーダーには不要でしょう。(要するに、今までのリファレンスブックが決して不要になるわけではなくて、Web 標準コーダーをターゲットにして差別化を図った 1冊が欲しいってことです。)必要な部分だけを徹底的に絞り込んで、ていねいに作り込まれているリファレンスこそ今の Web 標準コーダーには必要かと。

読み方、原語の明記

特に XHTML 要素名は、略記されていることが多いので、読み方や、本来 何の略記であるのかを明記したいところです。各要素や属性の適切な用法を促すと共に、制作者間のコミュニケーション エラーを減らす意味でも、明記する価値は大いにあると思います。

  • a [アンカー; → Anchor]
  • href [エイチレフ|ハイレフ; → Hyper REFerence]
  • img [イメージ; → IMaGe]
  • src [ソース; → SouRCe]

規格と実装を区別

意外に見落とされている重要な点として、W3C の "規格" と、ブラウザの "実装" とを明示的に分けて解説すること。これは自戒も込めた話ですけど、ブラウザの実装に基づいて規格が論じられるなど、しばしば規格と実装が混同されることがあるので、このあたりは意識的に区別したいところです。

非対応ブラウザ側を表示

XHTML の要素・属性・属性値や、CSS のセレクタ・プロパティ・値などは、対応しているブラウザではなく、対応していないブラウザの方を挙げること。Web 標準コーダーにとっては、クロスブラウザ対応している規格を利用するのが原則で、必要なのは、非対応ブラウザがあるかどうかと、具体的にどのブラウザが対応していないのかです。こういう体裁にあらためた方が、確認する時にも把握しやすいですし、スペースも節約できるでしょう?

× 従来: 規格に対応しているブラウザを列挙
対応ブラウザ: IE7s Mozilla Firefox1.0+ Opera7+ Safari1+ Konqueror3+
新案: 非対応、もしくは規格通り実装していないブラウザを列挙
対応ブラウザ: IE6-, 7q Netscape4

IE の "7s", "7q" は、それぞれバージョン7の標準準拠(Standard)モードと後方互換(Quirks)モードという意味です。(^ ^;)

非対応ブラウザ対策

たとえば margin: auto; による中央揃えに対応していない IE 6- では、代替策として text-align を使う..など、実装レベルで規格に対応していないブラウザの代替対処策を掲示。ただし、規格の趣旨から外れた用法である場合は、その旨を注記する必要があるでしょう。

|

« Web クリエイターにオススメの読み物2点 | トップページ | いじめ問題は直近の大人の対応こそ重要 »

[Web]XHTML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/4137033

この記事へのトラックバック一覧です: Web 標準志向 XHTML / CSS リファレンスのための5つの改善要素:

« Web クリエイターにオススメの読み物2点 | トップページ | いじめ問題は直近の大人の対応こそ重要 »