« CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その1) | トップページ | CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その3) »

2006-10-13

CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その2)

Monkeyish_studio_logogif_1 遅くなってすみません。CSS Nite LP, Disk 1 のレポート、続編です。

後半はアクシデントで順番が入れ替わった境祐司さん、Opera CSO の Charles McCathieNevile さん、そして矢野りんさんのお三方。ただ、境さんのプレゼンのレポートも長くなっちゃったので、これもちょっと分けます。それにしても、前半のお三方も含め、実際、本当に豪華なメンバーですよね。(^ ^;)

  1. CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その1)
  2. CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その3)

境祐司: CSSデザインを自動化するための7つのルール

境さんについては、著書や雑誌記事、WEB MAKING BOOKS BLOGなどでお馴染みの方も多いかと思いますが、僕はどちらかということ、今回は演題に惹かれました。というのも、CSS って、よく使う典型パターンみたいなのが結構ありますよね?それらをモジュール化して使いまわしたり、作業の一部を自動化することで、その分、より細かなところの作り込みに時間や労力を費やせるようになるかな..というようなことを、最近、つらつら考えていたので、個人的にはど真ん中なテーマだったんです。

プレゼンの要旨

境さんのお話を多少強引に要約すると、Web 制作は Rule, Role, Tool の3つ要素から成り立ち、CSS を outside, type, background, box, block, border, position の7つの "Rule" にモジュール化して、コンストラクションキットという形にまとめます。それを "Tool" レベルで自動化された環境を準備・運用することで、"Role" の分担も明確になり、制作作業が効率的に進められるようになるのではないかというようなものでした。(僕の理解がズレてたら指摘してください。(^ ^;) 一応、スライドも公開されているので、詳しくはそちらをご覧下さい。)

Screenshot_2_1

プロトタイプイメージ提示の劇的高速化

ここからは僕の個人的な感想になりますが、まず、境さんのデモを拝見して、現時点でも既成のアプリケーションを組み合わせることで、ほとんどその場でクライアントの要求を聞きながら、ページのプロトタイプイメージ(しかもワイヤーフレーム以上のレベルで)の提示ができるくらい、自動化できることがわかりました。これだけでも、かなりミーティングの回数や時間を節減できそうで、非常に大きな可能性を感じました。

環境依存と教育コストの問題

ただその一方で、境さんの Blog でも指摘されていますが、今回の境さんのお話は "Tool" の部分に弱点があるかなと感じました。現在のところ、特定の環境やアプリケーションに依存してしまったり、使うアプリケーションの種類が多かったりして、教育コスト(特に個々のアプリケーションの利用法や環境設定を共有するのにかかる時間や労力)がバカにならない点がネックになっています。ここに掛かるコストがあまり大きいと、折角、自動化によって節約できたコストまで台無しになってしまいます。今のところ、この辺りが課題ですね。

Screenshot_2_2

理想としては、Dreamweaver あたりに大幅な実装強化をしてもらうか、Eclipse のようなオープンソースでクロスプラットホームな Web 制作専用の統合開発環境が出てくれると良いのですが、ま、そういう他力本願な話はひとまず置いておきましょう。(^ ^;)

境モデル(7つのルール)の特性は?

Cssvdmあと、欲をいえば、折角演題が "CSSデザインを自動化するための7つのルール" になっているので、もう少しその「7つのルール」の詳細、特にモデルとしての利点について掘り下げてお話いただきたかったです。というのも、僕だったら border は box の中に組み込んでしまって、代わりに color という項目を立てますし、このあたりはクリエイターによってモデルが変わってきそうな感じがしたからです。個人的に境さんのモデルで興味をそそられたのは outside の部分で、ここにモデル化を試みた方でないと気づかない、「なるほど」と唸らせられるような要素が詰まっているように思えたのですが..。

というわけで、境さんの新しい著書の購入は、僕にとって決定路線になりそうです。(笑)

  • 境祐司『CSSビジュアルデザイン・メソッド』(毎日コミュニケーションズ、2006)
参考

|

« CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その1) | トップページ | CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その3) »

[Web]XHTML」カテゴリの記事

コメント

境さん、こちらこそ、はじめまして。

コメントいただきまして、恐縮です。いつもバイタリティのある方だなぁと頭が下がる思いで、お書きになったものを拝見しています。

レポートの内容が、そう大きくズレてなかったようで、まずはホッとしました。(^_^;;ゞ

お話されていた内容は、Web標準ベースのデザインをしていく上で、今後 主流になっていくであろうテーマだと思いますし、そういう意味で先日は、僕もとても色々なことを勉強させていただきました。Dreamweaver の実装強化の話もそうですけど、クリエイターのコストパフォーマンスやモチベーションを向上させる意味でも、作業や制作工程のモデル化・自動化は重要な要素ですよね。

またイベントなどでお会いする機会がありましたら、是非、続きや裏話などもお聞かせ下さい。

投稿: ゆう | 2006-10-13 10:42

どうも、はじめまして

テーマに「自動化!」と入れましたので、解釈が広がってしまうかな‥などと、若干心配していたのですが‥
的確なレポートを公開していただきまして、ありがとうございます。

> 理想としては、Dreamweaver あたりに大幅な実装強化を

これは同感ですね‥現場の方にとっても使い慣れているツールだと思いますので。

>7つのルール

終了後、同様のご指摘をたくさん頂きました。時間配分を誤ってしまったかなぁ。ルールの詳細にもっと触れる必要がありましたね。

また、イベントなど機会がありましたら(是非お声を)。

投稿: Y.Sakai | 2006-10-13 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/3785630

この記事へのトラックバック一覧です: CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その2):

» CSS Nite LP, Disk 1が終了しました。 [CSS Nite公式ブログ]
CSS Nite LP, Disk 1が終了しました。連休明けの平日にもかかわら... [続きを読む]

受信: 2006-10-16 12:03

« CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その1) | トップページ | CSS Nite LP, Disk 1 レポート(その3) »