« 携帯電話用 Opera mini | トップページ | 邦人による Ajax 関連書 »

2006-04-18

リキッドレイアウトサイト事例集

IE 7 Beta のこととか、Mac 用のマシン上で Windows をデュアルブートできる BootCamp のととか、色々と書くことはあったのですが、忙殺されててなかなか書くだけの精神的なゆとりが確保できませんでした。(- -;)

久々のエントリーは Liquid Designs という、リキッドレイアウト(ウィンドウの大きさに合わせてレイアウトが伸縮する Webページ)を採用しているサイトを集めた事例集を紹介しておきます。大分前に見つけたんですけど、すっかり紹介が遅くなってしまいました。

最近、UXGA(1600×1200)とか WUXGA(1920×1200)とか、解像度の高いディスプレイを利用する人が少しずつですが増えているようです。昨年から個人的に運営している某サイトを Google Analytics で解析し続けているんですが、それによると XGA(1024×768)の 58.62% に次いで、1280×1024 が 22.05%、以下、1280×768 が 2.91%、1400×1050 が 2.59%、1280×800 が 2.39%、1600×1200 が 2.09% となっています。

現在の標準的な Webサイトは、1024×768 の画面に、主にブックマーク(or お気に入り)を表示するためのサイドバーとかコンテンツパネルなどと呼ばれる領域を利用しているユーザーを想定して、760×580px くらいの広さの画面を想定して設計するのが主流です。

1600x1200_1

この 760×580px(もしくは 800×600)という小さなサイズのページを 1600×1200 の画面で見ると、レイアウト枠や文字がとてつもなく小さく見えるようになります。画面が広くなって相対的にレイアウト枠や文字が小さく見えるようになると、その分、視認性やマウス操作のユーザビリティが落ちることになります。ここにリキッドレイアウトの需要が発生するわけです。

(書きかけ)

|

« 携帯電話用 Opera mini | トップページ | 邦人による Ajax 関連書 »

[Web]XHTML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/1448288

この記事へのトラックバック一覧です: リキッドレイアウトサイト事例集:

» リキッドデザインのサンプルレイアウト [デザインウォーカー | DesignWalker - ロサンゼルスで働くウェブデザイナーの日記]
先日2xup.orgさんの「一行あたりの文字数を制限するリキッドレイアウト」を読ませていただき、わたくしも実際にサンプルレイアウトを作ってみました~。このブログで先日ご紹介した、「透過PNGをIE6以下のバージョンで綺麗に表示する方法」とあわせて、このリキッドレイアウトを使えば、デザインの幅も広がりそうですねぇ。。... [続きを読む]

受信: 2006-12-25 07:32

« 携帯電話用 Opera mini | トップページ | 邦人による Ajax 関連書 »