« カテゴリー立てミス | トップページ | 夏の甲子園 組み合わせ決定 »

2005-08-02

京都で東京風鰻の美味い店

土用丑の日 ― 一年で大地のエネルギーが最も強い時

西陣 江戸川のロゴ今年の土用丑の日は先週7月28日でした。

「土用」という言葉自体については、耳慣れない方も多いかと思いますが、本来は中国の五行説からきていて、春・夏・秋・冬 各季節最後の18日間をいいます。ご承知の通り、現在ではこのうちの夏の終わり(立秋前)の土用だけがポピュラーになっていますが、本来は四季それぞれに土用があります。この土用の間は「土気」(土のエネルギー)が一年中でもっとも盛んな時期で、そのエネルギーに逆らうようなこと(さしずめ、穴を掘ったり山を崩したりとかでしょうか)をすると禍いの原因になったりするとされています。

【五行説が抱えるジレンマ】ちなみに木気が最も盛んなのが春分、火気が最も盛んなのは夏至、金気が最も盛んなのが秋分、水気が最も盛んなのが冬至です。木・火・土・金・水の五行の気を春・夏・秋・冬に配しているわけですけど、ごく常識的な人なら「あれ?じゃあ "土" ってどの気節を指してるの?」ってなりますよね。ま、奇数である「五」を基軸とする五行説を、偶数である「四」を基軸とした四季や四方に安易に合わせて説明しようとするから、こういう苦しいこじつけをしないといけなくなる訳ですね。五行説がしばしばよく抱えるジレンマです。
「土用丑の日」というのは、立秋前の18日間の期間内にある丑の日を指し、今年はそれが 7月28日(六十干支でいえばこの日は「癸丑」の日)にあたるという訳です。

だまされたもん勝ちの行事

この夏の土用丑の日にうなぎを食べるようになった起源は、江戸時代の平賀源内がうなぎ屋にした入れ知恵に由来するとされていますが(結構 有名な話でご存知の方も多いはず)、まぁ行事としては節分(海苔屋の恵方巻)やバレンタインデー(製菓業者のチョコレート)なんかと似たようなもので、経済効果を狙ったという性格が強い行事です。この手の行事は楽しんだもの勝ちで、変に勘ぐったり、冷めた目線で見るのは損です。有職故実でも何でもないので、むしろ「土用丑の日」という大義名分を精一杯 活用して気楽に楽しんじゃいましょう!

え?その割に前置きに長々とうんちく垂れてるのは余計なんじゃないかって?いえいえ。そいつは、知っててだまされるのと、知らないでだまされるのとじゃ、気分も愉しさも全然違うからです!(笑)

…とか、さも偉そうなことをいいながら、その日(7/28)、僕は仕事でうなぎどころではなかったので、ようやく昨日(8/1)うなぎを食べに行ってきました。(- -;ゞ たとえていうなら、夏の甲子園の準々決勝を生で見られずにテレビ…それも再放送で見るような気分ですが(何のこっちゃ)、ま、その分、旨いお店を選んだということで良しとしましょう。

西陣の老舗うなぎ屋 江戸川

で、今回行ったお店は、千本中立売のやや北にある「江戸川」という うなぎ屋さんです。ここは創業80年以上にもなる大正以来の老舗で、お店を入ってすぐ左手に当時のおしながきが飾ってあります。「〜六拾五錢」とか、なかなか時代を感じさせます。あのあたりにその当時からあるものと言えば、寺社仏閣のたぐいをのぞけば上七軒界隈くらいでしょうか。遊廓とか、老舗和菓子屋の「老松」とかですね。その当時からのつきあいなのかどうかはわかりませんが、今でも上七軒はよく出前をしている上得意さまだという話を学生時代に聞いたことがあります。(別にお店の人に訊ねちゃマズい話でもないんでしょうけど、微妙に訊きづらいんですよね、これが。)お店に入って右手に狭いお座敷が2つ。左奥は厨房。あとは2階にやや広いお座敷があるだけで、基本的には出前中心の店構えになっています。今回は入口のすぐ右の座敷に陣取って鰻重(うなじゅう)の"上"(2,300円)を注文。え?随分 気っぷがいいって?それだけ甲子園の準々決勝が見られないと悔しいってことです!

極上の関東風鰻重ときも吸

出てきたのは鰻重と漬け物、きも吸。さすがに "上" だけあって、鰻重のうなぎは舌の上でほろほろと解けるほど柔らかく、きも吸も、底に小さな柚子の皮が一枚沈んでいて、ほのかに好い香りを出しています。うん、珍味珍味。(^-^)

言い忘れてましたが、江戸川のうなぎは基本的に関東風..つまり蒸してから焼いています(ちなみに関西風は蒸さずに焼きます)。これは良し悪しではなく、あくまで好みの問題なんですが、僕はうなぎだけは関東風でないとダメで、関西風のパサパサした感じがどうしても好きになれないんです。ほかのものは関東風は関東風なりに、関西風は関西風なりに楽しんでいるつもりなんですけど、なぜかうなぎだけは関東風一徹。その意味で関西風がお好みの方には、もしかしたらあまりお口に合わないかもしれません。(試してみる価値は充分にあると思いますけど。なにせ、頑なな みやこびとを相手にして80年以上も受け容れられてきた実績があるわけですから。)逆に関東風が好みの方、またどちらもそれなりに楽しまれる両刀使いの方には絶対オススメです。京都でここまでのレベルの関東風うなぎが食べられるとは..というほど美味しい関東風のうなぎの蒲焼きなので、まだ土用丑の日を愉しんでない方は是非どうぞ。(今年は「二の丑」(「土用」中の二度目の丑の日)はありませんが、8/7までは「土用」なので、「丑」の日にこだわらなければまだ間に合いますよ!)

ちなみに鰻重は並が1,300円、中が1,700円、上が2,300円、特上が2,800円で、ランチタイムサービス(きも吸付まむし)は 900円とお得になってます。

というわけで、今年も鰻屋業界の陰謀にまんまとだまされてみました。(笑)

西陣 江戸川

京都市上京区笹屋町通千本西入
定休日:毎週金曜日
営業時間:11:30〜20:30

|

« カテゴリー立てミス | トップページ | 夏の甲子園 組み合わせ決定 »

[生活]食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/139004

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で東京風鰻の美味い店:

« カテゴリー立てミス | トップページ | 夏の甲子園 組み合わせ決定 »