« 18世紀流?即興装飾の入ったトルコ行進曲 | トップページ | 優勝候補筆頭?
 ― 2005夏 甲子園観戦記2 »

2005-08-09

西高と関西が2回戦へ
 ― 2005夏 甲子園観戦記1

昨日は夏の全国高校野球選手権大会の第3日目。朝から観戦に行ってきました。出掛けに色々と手間取ってしまって不覚にも予定より30分遅れの8:15に現地に到着。お目当てはバックネット裏中央 前よりの席だったのですが、こんな時間に着いたのではいい席なんて確保できる訳もなく、バックネット裏の一塁側後方のテレビカメラの近辺あたりから観戦するハメに。ここだと球場全体は見渡せるけど、アングルが高くて球威が分かりにくいのが難点です。

ま、自業自得か..。(- -;;ゞ

第1試合: 京都外大西(京都)4 - 1 菰野(三重)

菰野(こもの)の岡本は100-110kmの緩いカーブに120km台のストレートを織り交ぜる投手で、緩急あって打ちづらそう。西高は中盤に小刻みに加点して試合そのものには勝ちながらも、ついにこの岡本を攻略しきれませんでした。特に終盤にカーブが制球され出して、そのカーブを主体の配球に切り替わった後の岡本の投球は見事で、「よくこの投手から4点も取ったな」というのが正直な感想です。

では西高の勝因はというと、はっきりいって積極性の差がそのままゲーム展開に出てしまったような感があります。菰野は 3回裏 1死 3塁のカウント 1-2(打者は 2番山口)でスクイズなり何なりをベンチが仕掛けなかったことが悔やまれますね。まったく同じ展開が 4回表の西高の攻撃時にありましたけど、こちらはエンドランを仕掛けてきたのが好対照でした。(結局、その時のエンドラン自体はファウルで失敗。1死後、西高は 6番五十川のタイムリーで加点。)西高は 1回表に塁に出た 2番高原が 3番平林の初球に盗塁するなど(普通はじっくりフォームを盗むなり、投手を揺さぶって打者を援護するなり、じっくり行く状況)、終始主導権を握ろうと積極的に動いてました。それほど大きな地力の差は感じられなかったので、3回裏で 1点入れていれば、あるいはもう少し違う展開になっていたかも知れません。

西高は 2番手投手の本田が 140km/h 出るんですね。 1番手の北岡も 130km/h台の直球とややキレのある縦の変化球(スライダー?)があって良い感じでした。

第2試合: 関西(岡山)6 - 5 高岡商(富山)

まず試合前練習はどちらも Bランク以下でしょうか。特に緒戦にも関わらず、関西の練習にテーマがなかったのが気になりました。普通は内野全面クレーということでゴロの確認を念入りにしたり、風が強い時には高いフライの練習をしたりするものですが、そういう工夫は少なくとも僕には見出せませんでした。淡々といつも通りの練習をしているって感じでしょうか。(しかも外野が若干散漫気味。)対する高岡商は野手が全体的に上半身の細かい動作が機敏なのが光りましたが(中継プレイの時のタイムロスが少なくなります。外野手が肩が弱い or ノーコンの時には特に有効)、甲子園レベルとしては若干 肩が弱いのが難点ですね。

練習時に一際目立っていたのは関西の捕手の平井でした。他の選手達よりもひとまわり体格が大きかったのと、肩がやや強そうだったことが目を引きました。結局 試合は終盤、この捕手平井のミスと活躍とで動くことになります。

それにしても、こういう試合前練習を見て戦力確認をできるのが球場観戦の醍醐味ですね。これがあるから、ついつい球場に行きたくなっちゃうわけです。

まず序盤は完全に関西ペース。高岡商のエース細川はストレート・カーブ・スライダー(カットボール?スプリッター系?席が遠くてよくわからない..)と球種が豊富そうな印象を受けましたが、制球に苦しみ、序盤から中盤にかけて関西に痛打され、5回までに5失点。この時点で勝負はほとんど決まったかな、と僕も思いました。

ところが終盤、高岡商が連打と死球を絡めつつ、2死満塁で3番有沢が走者一掃のタイムリー2塁打。さらに8回には2死2塁で、7番松丘への2球目を代わったばかりの2番手投手ダースローマシュがワンバウンドピッチ。これを捕手の平井が弾いてランナーが3塁へ進塁したのですが、平井は1塁ベンチの方に弾いたボールをそのまま見失ってしまい、茫然とする平井を尻目に遅れてカバーに入った一塁手西村が捕球した時には3塁ランナーはホームに生還し、これでなんと高岡商は同点に追いつきます。平井はこの日、このほかにも後逸や散漫なベースカバープレイなどがあって、ここまで攻守ともに精彩を欠いてました。結局、10回裏にこの平井が決勝サヨナラタイムリーを放って試合は関西が勝ちましたが、終盤に追いつかれたのも、試合を劇的な形で決めたのも平井によるもので、観戦している側としてはちょっと複雑でした。

|

« 18世紀流?即興装飾の入ったトルコ行進曲 | トップページ | 優勝候補筆頭?
 ― 2005夏 甲子園観戦記2 »

[生活]娯楽 / スポーツ / 野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15394/139009

この記事へのトラックバック一覧です: 西高と関西が2回戦へ
 ― 2005夏 甲子園観戦記1
:

« 18世紀流?即興装飾の入ったトルコ行進曲 | トップページ | 優勝候補筆頭?
 ― 2005夏 甲子園観戦記2 »